神奈川学園の学び

情報科

情報リテラシーとスキルを身につけることは、ICT が活用される情報社会にあって不可欠な力です。情報科の授業では、こうした力を育みます。

学習方針

  • 情報社会への主体的な参画

    私たちが生活する情報社会の理解を深め、社会が情報通信技術によって支えられていることを学びます。そして、情報と情報通信技術を適切に活用して主体的に参画していく態度を育みます。また、情報社会における問題の発見と解決に向けた考え方や手法を学び行動できる力を身につけていきます。

  • 情報リテラシーとスキルの活用

    情報に関する知識の学習と実習を組み合わせ、総合的な情報リテラシーとスキルを身につけます。学習では情報とメディア、コミュニケーション、ネットワーク、知的財産、個人情報、情報セキュリティ・モラルなど、実習ではコンピュータ操作、タイピング、文章作成、表計算・グラフ作成、プレゼンテーションなどを学んで活用できるようにします。

  • プログラミング・データ分析

    プログラミングでは、アイデアを具体化する作業を通してモノづくりの面白さを追求します。グループでの協働作業を通して、大きな成果を出すことを目標に取り組みます。データ分析では現実社会のデータを活用し、適切に収集・分析・加工・発信ができるようにします。統計的な手法を用いて、科学的な見方を養い、仮説を検証する手法について学びます。

学習の進度

中1(1時間) 中2(集中授業) 中3(集中授業) 高2(1時間)
基礎力の育成 応用力の育成
  • 基礎知識の学習
  • コンピュータ操作
  • タイピング
  • 文章作成
  • 表計算・グラフ作成
  • プレゼンテーション
  • 卒業文集
  • 基礎知識の学習
  • プログラミング
  • データ分析
教科教育-科目一覧