神奈川学園の学び

文化祭

生徒が運営する「三大行事」の一つで、例年6000~10000人もの方が訪れる本校最大の行事です。中でも特徴的なのはクラスごとに事前研究を重ねて教室を作り上げる「研究発表」。夏休みなどを利用して、大学や企業などの研究機関や専門家にお話を伺い、調査を重ねて展示教室を作ります。もちろん、喫茶や公演も本格的です。

文化祭の取り組み

  • 神奈川学園の文化祭はクラスの展示発表と喫茶・部活の展示と公演で構成されています。特に、学園の文化祭の歴史を作ってきたのはクラスによる展示発表です。春の段階から扱うテーマ選びのための話し合いを重ねます。何が学べるのか、社会で働くどんな方々にお会いしお話を伺うことができるのか、文化祭に来て下さった方々に自分たちは何を伝えることができるのか-。妥協のない話しあいと調査活動、当日の発表を通じて生徒それぞれが飛躍のきっかけをつかむ行事の一つです。

2017年度J2Bの文化祭の取り組み

画像をクリックするとPDFファイルが開きます

文化祭 最新情報