神奈川学園の学び

国際教育

国際交流/語学プログラム

【中1】 校内英語研修[夏休み 希望者]

夏休みに希望者を対象に、3日間校内で語学研修を行います。
当日は小グループに分かれ、さまざまな国出身の多様な文化背景を持つ外国人講師が入り、触れたことのない文化について英語で学び、英語で歌をうたったり、英語の発音について丁寧な指導も受けます。「英語を使うことの楽しさ」を実感できる発話中心のプログラムで、最終的には自分のことを英語で発表できるようになります。
研修中は、積極的に英語を話す生徒の様子が見られます。

【中2】 国内英語研修[秋 全員]

中学2年生の秋に、山梨県で2泊3日の宿泊型英語研修に参加します。1クラスを小規模グループに分け担当の外国人講師がつき、生徒は講師の先生と生活を共にし、生きた英語を学びます。4技能のうち特にspeakingとlisteningの力を伸ばし、総合的な英語運用力の向上を図るプログラムです。中1で希望者のみで行う「英語を使うことの楽しさ」を重視した研修よりも目標は高く設定されており、中3で実施される海外研修に向けて「英語を使うことへの自信」をつけて帰ってくる生徒が多くいます。

【中3】 海外研修[3月上旬(1週間)ニュージーランド/オーストラリア 全員]

中学3年生のテーマは「自立」と「共生」です。全員参加で、ニュージーランド方面かオーストラリア方面のプログラムに参加するのが「海外研修」です。どの方面にもホームステイがあり、一人ひとりの「自立」と「人と関わる」力が問われるプログラムです。多文化共生社会である国で実施するため、ホストファミリーには温かく迎え入れられ、とても充実した時間を過ごして帰国します。研修に向けて「オリジナルアルバム」を英語で作成したり、日本文化を英語で紹介する取り組みを行うなど事前準備を丁寧にして現地に向かいます。
また、プログラムを通して、広い社会に目を向け「違いを受容して、意見を発信し、人と関わることができる力」である「共生」の力を育てることも目標でもあります。

(1) ニュージーランド方面(北島)

ニュージーランドでも最も大きな都市であるオークランドと、マオリの文化が色濃く残る火山地帯ロトルアを中心としたプログラムです。テーマは「マオリ文化と多文化共生を学ぶ旅」です。ホームステイは3泊4日の予定で組み、原則二人一家庭です。プログラムの前半にホームステイと学校交流が組まれており、日本文化を紹介する機会もあります。プログラム後半はロトルアの火山地帯で文化体験を通してマオリについて学んだり、特異な生きものや植物観察などをアクティビティとして楽しむことができます。日本では見ることのできない珍しい生きものに沢山触れることができます。

(2) ニュージーランド方面(南島)

「自然・環境を考える旅」というテーマに、ホームステイや学校交流を入れたプログラムです。ニュージーランドには手つかずとも言える雄大な自然が残っています。その多くは南島にあり、星空を世界遺産に登録する運動が起こるくらい見事な星空を見ることができるテカポ湖を訪れます。マウントクックのトレッキングをすることもでき、ニュージーランドでしか味わえない自然について専門ガイドから直接学ぶことができます。一人一家庭で3泊4日のホームステイをし、現地の生活に触れることができます。また、現地校交流もあり、生徒は現地の生徒との交流を楽しんでいます。

(3) オーストラリア方面

オーストラリア・ブリスベン周辺には、姉妹校であるオーミストンカレッジをはじめとして、本校が国際交流を始めた頃からの交流校がいくつかあります。一人一家庭のホームステイをし、平日は現地校に毎日通います。原則午前中は語学研修を受け、午後は福祉施設訪問や小学校訪問を行って、現地の方々と交流します。ホームステイの期間が長いので、ファミリーの一員になり現地での生活を送ることができます。オーストラリアの学校生活を堪能し、たくさんの友だちを作って帰国をしている生徒が多くいます。

【高1】 校内英語研修[冬 全員]

高校1年生では、国内フィールドワークという行事があります。「どう生きていくのか、何を大切にしていくのか、どんな社会を目指すのか」をいう問いに対し答えを探る機会があり、現代社会で起きる諸問題に目を向け、答えの出しにくい問いに真摯に向きあいます。
「先進国」「発展途上国」の違いなく、人種や民族で隔たることなく、広く地球規模で世界を見つめ自分ができることを探していく…SDGs “Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)”に向けて、日本で学ぶ留学生の力を借りながら一緒に英語で考えていく校内実施のプログラムです。国内フィールドワークの学びと結びつくところが多くあり、英語で多角的に社会を見つめる機会になります。

【高2】 海外研修[夏休み 希望者]

高校2年生の夏休みに、希望制で約10日間カナダにホームステイをしながら語学研修に行きます。現地の学校も夏休み中なので学校生活に入るわけではありませんが、現地校の校舎で現地生徒が複数名プログラムに入り研修生活のフォローをしてくれます。講師の先生と現地生徒と共に、ナイアガラの滝やカナダの自然を堪能する日帰り遠足もあります。研修前にプレイスメントテストを実施し、段階に応じたクラス分けをし、実施します。これまで様々な場面を通して高めてきた英語力に、更に磨きをかけることができる研修です。

【国際交流】

オーストラリアの姉妹校・交流校の生徒が隔年で神奈川学園に来校し、交流をします。
オーストラリアの生徒は神奈川学園の生徒の家にホームステイし、日本の家庭生活を味わいます。平日は学校に一緒に登校し、ホストシスターになっている本校生徒のクラスに入り学校生活を送ります。英語の授業内で交流をしたり、ホストシスターの授業に参加したり、またオーストラリアの生徒だけで書道体験や茶道体験などの日本文化に触れる授業も受けます。
全校をあげての歓迎集会もあり、とても温かい雰囲気でオーストラリアの生徒を迎えます。中学3年生の海外研修で「受け入れられる」側になる神奈川学園の生徒が、「受け入れる」側の経験をすることでお互いの気持ちに寄り添い交流することができています。

国際交流 最新情報