進路

トップページ進路先輩メッセージ

先輩メッセージ

横浜市立大学
国際総合科学部1年
S.N.

 神奈川学園での6年間を振り返ってよかったと思うことは、たくさんの出会いです。
 一番は友だちとの出会いです。クラスや部活を通して、一緒に勉強を頑張ったり、文化祭の準備をしたりしながら、かけがえのない大切な友だちになっていきました。特に部活では、全員で同じ目標に向かって努力し、高めあっていける仲間だったので、結束力もより強く感じました。
 次に先生との出会いです。先生方がいつでも質問に答えてくれたり、相談に乗ってくれたりして、受験期までずっと支えていただきました。
 他にも、講演会や研修などでさまざまな分野の方に出会ってお話を聞きました。そこでは私にはなかった視点や、今まで知らなかったことを学べる貴重な機会がたくさんありました。
 多くの人と出会える神奈川学園で、とても楽しく充実した日々を過ごすことができました。

慶應義塾大学
薬学部1年
T.S.

 神奈川学園の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。
 高3 の夏休み前には苦手だった科目について一緒に勉強計画をたててくださいました。そのおかげで、その苦手科目は夏休み後には得意科目に変わっていました。
 またどうやって勉強していけばいいのかわからなくなったときや成績が伸びなくて悩んでいるとき、高3 の冬休みや入試が始まってからなど不安に押しつぶされそうになったとき、何度も相談にのっていただきました。
 6年間ずっと面倒をみてもらっているので、一人ひとりの性格や体力の有無などさまざまなことを考えて、的確なアドバイスをしてくださいました。

東京外国語大学
言語文化学部1年
S.K.

 神奈川学園での6 年間で私は、「自ら考える力」を付け、大きく成長できたと思います。
 講演会やFWの事前学習など、社会の第一線で活躍されている方から直接お話を伺ったり、地域問題を知る機会が多く用意されているのが神奈川学園の特徴だと思います。私は、そのような機会を通し、同じ出来事に対してでも文化や立場が違うと考え方が変わってくるということ、「知らない」ことが時として残酷であることを学び、知ることへの意欲が高まったことに加え、物事を柔軟にとらえようとするようになりました。
 神奈川学園で培った「自ら考える力」は、大学での学びへと直接結びつくものであると感じています。

慶應義塾大学
文学部1年
I.Y.

 神奈川学園の生活の中で私を最も成長させてくれたものは引退まで続けたバトントワリング部での経験でした。
 私は中学生の時、大会本番で緊張し、失敗してばかりでした。悔しくて辛くてやめたいと何度も思いました。高校生になり、場数を踏むうちに私は本番で落ち着いて演技する方法を見つけました。それは人一倍練習して今までの努力を信じ、自信を持って本番に臨むことでした。仲間とぶつかりあうこともありましたが、全国大会に2 回出場できたこと、そして部活の仲間は私の一生の宝物です。
 受験においても、私は部活を最後までやり遂げたという自信、そして人一倍学校に残って勉強したという自信を持って入試本番に臨み、勝ち取った合格だと思っています。